もこもこでぃありお!

雑記ブログですが、可愛いものが多めです。

もこもこでぃありお!


もこもこでぃありお! / プロフィール

僕がiPhoneから離れた理由


f:id:nyaogato:20210409081912j:image

こんにちは、おろちうです。

スマートフォン。

生活に欠かせないですよね。

もうスマホのない生活は考えられません。

そんな僕は2012年から、スマホを持ち始めました。iPhone4sでした。

そこからすっかりApple信者になっていきます。

理由は、他のメーカーの端末よりもサクサク動いて、技術的にも最先端だったからです。長らくiPhoneを使っていましたが、2020年、Androidに変えることになります。

なぜiPhoneをやめたのか説明します。

価格が高いから

どんな経済であれ、価格の安さが正義です。

Appleはブランド物です。

価格を下げてまで売るということは、そのままブランド力の低下を意味し、Appleはその時点でおしまいです。

だから価格は強気に設定してきます。

その流れに僕のお財布がついて行けなくなってしまいましたw

ロイヤリティが高いから

アプリで課金したり、You Tubeのプレミア会員の月額費用など、アプリは無料でダウンロードさせ、あとからお金を落とさせる仕組みとなっています。

AndroidよりもiOSの方が、受け取れるサービスは同じでも課金額が高いのです。

これは、Appleがその分を自分達の利益として取っているからです。iOSというのは、Appleが開発した独自のOSで、他にiOSを使う競争者がいません。だからできる見事な技と言えるでしょう。これ自体は立派なOSを自社で開発してプラットフォームを得ている企業努力の賜物です。さすがとしか言えません。

僕がついて行けないというだけの事です。

ファーウェイ、Samsungの存在感

iPhoneが出来ないことをついに色々とやってきたファーウェイやSamsung。

絶対的王者だったiPhoneが追い抜かれました。

その時、僕の中で変化が起きました。

これまでは、第一線を行く王者の端末という事で、10万円以上のiPhoneを分割払いで買ってきました。

でも、技術的に遅れを取った端末を、他と比較して割高な価格感でブランド物だという点だけで手に取り続けるのか、迷いが生じました。

最先端を手にしてるという感覚がなくなると、信者の熱も冷めていったというわけです。ミドルクラスでいいんじゃないだろうか。

 

iPhoneは素晴らしい端末です。

それはiPhone信者だった僕が一番分かっています。

分かっているけど、今の自分のライフスタイルに合致するのか、それは考えないといけません。

スマホは、ライフスタイルによってどのクラスを買うのかを考えて最適な物を手に取るべきです。

それは2万円の端末かもしれないし、15万円の端末かもしれません。

出した結論

それを踏まえて考えると、

僕にはiPhoneは向かないという結論になりました。

僕はスマホゲームをやっていません。

ブログを書いたり、ネットサーフィンしたり、動画を見たりするのがメインの生活です。

そこにブランド物は不要で、

Androidのミドルクラスを使えばいいんじゃないか、というのが今のところの考えです。

そんな時、google pixel3aが3万8千円でセールで売ってたので試しに買ってみました。

半年ほど使ってみて今に至りますが、

正直、何の問題もありません。

pixel3a程度のスペックで問題の起きない生活だったという事ですw

そこに気が付かない僕のスペックの低さの方が問題だったのかもしれません。

 

スマホは生活に密着したデバイスです。

何が自分には必要なのか、それがスマホ選びに直結するということですね。